« くらげ | トップページ | くらげ③ »

くらげ②

サカサクラゲはクラゲ飼育者にとっては入門編にあたるようです
ネットで調べたところ、水汚れもさほど神経質にならなくてもいいらしく
水流もいらないので小さいうちはビンに入ったままで飼育OK
でもダイビングに行く知人に聞いたところ熱帯の海では普通に見られ、10センチにはなるらしい
まぁそこまで飼えるかはわかりませんが

苦難の始まりはまず水温
20度から28度が適温。水温が低いと活動が弱まり死んでしまう
真冬の今は室温10度。どうしたらええの…wobbly
以前飼っていたハムスターに使用していたパネルヒーターを思い出しました
サーモスタット機能もついているので、ビンの下に置けばいいかも
でも30度以上だと逆に死んでしまうそうです
夏のことは夏に考えよう

次は光合成
1日に数時間日光浴をさせなければなりません
そんな都合のいいところに置けるはずもなく
自宅にいるときは日を求め置き場所を移動させてますが
いないときはほとんど日が当たらない棚の上にいることに
ということは
光合成以外のプランクトンのエサを考えなければなりません

そして調べたところブラインシュリンプという塩水湖に生息する小型の甲冑類がいいみたいで
卵の状態で保存ができて孵化させたものを熱帯魚のエサとしてよく与えるようです
それがなんとなつかしの「シーモンキー」であることが判明scorpius
幼少の頃に飼いました
水に粉を混ぜるとそのうちに小さいエビみたいのが孵って、1センチくらいにまで成長したかな
いまでもホームセンターなどで売っているらしいです
せっかくなので孵化率がいいものがほしいので「あやしい堂」さんから卵を購入しました
Img_1514ビン入り100g。こんなにいらんが…
つづく

|
|

« くらげ | トップページ | くらげ③ »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

単純な生き物なのに、
それだけにって事なのかな、
めんどくさい生き物ですねえ、
飼育するには。
ご健闘を祈ります。

投稿: みのむし | 2012年1月24日 (火) 13時50分

面倒くさいところが
また、かわいいところでもあるんですよ

投稿: きさらぎ | 2012年1月25日 (水) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283193/43826841

この記事へのトラックバック一覧です: くらげ②:

« くらげ | トップページ | くらげ③ »