« 2013年5月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年6月

ベランダ池計画

去年から取り組んだ”ベランダ池計画”
プランターにひょうたん池を埋め込んで
ハーブを植えて、メダカを飼いました

そして2年目
雪も積もった厳しい冬を乗り越え
メダカは7匹が無事越冬happy01
しか~し、ハーブはほぼ全滅
かろうじて生き延びたのが、レモンバーベナ
1年草は仕方ないけど
他のもダメなんて、なんでやねん、と思っていたら
なんと、なんと
土の中にコガネムシの幼虫がうようよいるではないですかwobbly
これでは根がやられてしまいます
どうしようかとおもったけど
こんな鉢植えでしか命をつなげられないのに
駆除してしまうのはできないので
しかたなく今年は池のみで
ハーブは他の植木鉢で育てることにしました

すぐに藻がはびこってしまうので
メダカの姿がなかなか見れないですweep
Img_0519

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オブリビオン

映画「オブリビオン」

トムさまのSF大作ということで
見逃すことはありえませんlovely
親日家の彼は今回なんと
タモリの笑っていいとものゲストとしてまで出演
その素敵な笑顔を振りまいていましたhappy01

ということで
期待度120%で見ましたわ
「トロン・レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督作品
監督が執筆した作品です
う~ん、どこかで見たような、どこにあったような…
いいとこどりのような作品ですが
なんといっても映像がきれい
エイリアンに月を破壊され、核戦争を起こして廃墟になってしまった地球
その荒涼とした砂漠に、モダンなスカイタワー、パトロール船のバブルシップ
無人偵察機ドローンのデザインが超クール
大学で建築を学んだという監督だけあって
操作パネルから古書まで凝ってます

ストーリー?
それはよくあるお話に三角関係をうまくからみ合わせて
ちょっと無理ない、ところでエイリアンは?
なんてことはどうでもよくなってしまいますcoldsweats01

SF低迷のなか
それなりによかったですわ

☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

東京国際ミネラルフェア

今年も来てしまいました
東京国際ミネラルフェア
化石のブースはますます少なくなってます
ロシアの隕石落下で話題になったためか
隕石は人気でした
でもどこまでホンモノかはわかりません
ほしい人が払う価値というとこでしょうか
人ごみで気分悪くなりそうですが、
テンション上がっちゃうんですよね
なぜか

1370680046703.jpg
巨大なアズライト鉱石

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

貴婦人と一角獣展

国立新美術館に来てます
16世紀のフランスのタピスリ、日本初公開です
高貴な雰囲気と人間の五感を現したという作品は、
ミステリアスでいていきいきとしてます
なんといっても、その圧倒的な大きさ‼
本来のフランスの古城に掛かった姿をみたいものです

1370497826456.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ミッション:8ミニッツ

DVD鑑賞

「モーリス」に引き続き
気になりながらも見逃した作品
デヴィッド・ボウイの息子ダンカン・ジョーンズの監督作品
というのも
気合を入れて「月に囚われた男」を劇場見に行ったけど
う~ん、ちょっと期待しすぎた…だったので
評判よかったけど、見逃してました

でも思った以上に面白かった
好きですね、彼は
こういう繰り返し、
意識下の映像、
未来を変える
というお話

8分間だけ繰り返しの世界に入って
列車爆発テロを阻止するというストーリーなんですが
なんとなく設定がわかってしまうのは
これだけSF作品があふれているなかで
しかたないことだと思います
でも平行世界をうまく簡潔に表現していて
派手さはなくても、きっとこうなるという
期待とドキドキ感
父親のくだりをうまくくっつけて
お涙ちょうだいも表現して
よかったです

失敗したからこそ得られる世界
やらなかったからこそある今の自分
人の思考の数だけ世界は積み重なって
ものすごい重さで宇宙を押しつぶしているのでしょうか

☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

モールス

DVD鑑賞
「モールス」2010年アメリカ

おととしの公開時に見逃して
見たかった映画です

2008年のスウェーデン映画「ぼくのエリ200歳の少女」のリメイク
舞台は1980年代のニューメキシコ州ロシアラモスの田舎町になってます

ヴァンパイアものなんですが
12歳同士の淡く切ない恋愛ものという設定
お互いの孤独を埋めるために
謎めいた少女にひかれていくいじめられっ子の少年
実はその父親と思っていた人物も
かつては自分のように…

スティーブン・キングが過去20年間における
最高のアメリカのホラー映画と評しただけあって
地味ながらもその心情、内面が冬の雪に閉ざされた田舎町に
しっとりと美しく描かれています

でもでも、
保護者を食料を得るためにうまく操り
少年の苦悩を理解したふりして
アル・パチーノの「ディアボロス」並みに
悪魔が生き残るために
人間の弱い部分にうまく手を伸ばして
操っているって考えると
そりゃ恐ろしいですcoldsweats02
それでも、わかっていても、つくしてしまう人間は
愚かなのでしょうか、幸せなのでしょうか

☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

台北2泊3日格安弾丸ツアー②

夜市は市内の数ヶ所にあるので
それぞれ回ってみるのも楽しいですが
楽しすぎて時間がないhappy02
Img_0489

夜市でタピオカジュースを頼んだところ
普通一人1個で頼みますよね
でもお店の人は大きいから二人で1個でいいよ
って言ってくれるんです
これだけで感動

ベトナムは観光客と分かると
隙あらばお釣りもごまかしてって店もあったので
ほっとしました
けっしてベトナムが良くないというわけではないですよ
海外ではどこと言わなくてもけっこうあることなんで

逆に日本人として恥ずかしかったのが
帰りのツアーのバスで
若者グループの中の一人が
自分の座席の前の背もたれに
足を乗っけていたらしいのです
ツアーガイドのおばちゃんが怒りました
「そんなことやる人見たことない、
運転手さんが毎日きれいに掃除しているのに
日本ではあたりまえなのsign02

ビルに囲まれた小さな神社にも
老若男女たくさんの花や線香を持って
お参りに来る台湾の人たち
日本人が忘れてしまったものを
大切にしているのだと思います

またちょっと行ってきま~す
Img_0505
ご他聞にもれずバイク天国ですが
信号は守るし、マナーはいいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

台北2泊3日格安弾丸ツアー①

台湾の台北に行ってきました
と言っても3月ですが…coldsweats01
台北は15年ぶりくらいです
とにかく、よかったのでこれは残しておかねばと
思い立ったのでアップしました

まず、安いです
成田ですが午後発、午前中帰国の便ですが
飛行時間が行きが3時間半、帰りは2時間半
燃料費込みで2万円台のツアーがあります

そして治安はいいし
日本より物価が安い
食べ物はうまい
親日的
漢字なんでなんとなくメニューもわかる
15年前に比べて
街中もとてもきれいに近代的になってました
高速道路にモノレール
若い子はみんなかわいくておしゃれ
ホテルもそこそこ
なんと言っても建物内は禁煙
モノレール内は飲食禁止と
マナーもしっかり守られています

高級中華を食べる気はなかったので
はじめから食事は夜市に屋台
チープでも量も多くておいしいです

足ツボマッサージも
イタ気持ちいいでおすすめ

オフィスビルが立ち並ぶ街でも
ちょっと路地を入ると
屋台が並び、市が立ち、人々がフツーに生活してる
Img_0487
昼間はシャッターが閉まって何にもないのに
夕方になると突如ショッピング街になります

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年10月 »