« 2013年6月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年10月

ギターはじめました

ギターを弾こう

はじめてから2ヶ月半経ちましたが
正直ムリかもって思いました

とにかく痛いんです
指が
弦を抑えて弾いて音を出すわけですが
固く張った鉄の線を指先で押しつけるのが
つらい
コードどころじゃなかったです
こんなとこにマメができるの⁈
指先にマメができてジンジンしました
先生はそのうち固くなるからって言うけど
それっていつなのよ⁈って感じです

とにかくマメを潰さないように
少しやっては休むを繰り返し
あ〜こんなに痛いなんて続けられないかも
もっと簡単にできると思ってた
と後悔やら、できない悔しさやらで
かなり悶々としました

でも、ちょっとづつ音が出ると
嬉しかったりして

あと左手の指が開かない、力がないのを痛感しました
普段から鍛えるといいよと言われたので
仕事中でも時間があると、指を開いたり、握ったり
それに肩が異常に凝ってつらい
力が入りすぎているんです
普段使わない左手くん
左利きなら楽なのかしらん

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ギターはじめました

ギターに触ろう

ギターのこと、何にも知りませんでした-_-b
ペグ?ナット?フレット?
はじめて聞きました
自分でチューニングするの⁈エレクトーンはしないよって感じです
音名もC,D,E…、弦も6本、ボリュームだけじゃなくて、トーン、ピックアップ
アンプにエフェクター⁇
幸い最初に通った先生が、キチンと教えてくれたのでよかったです、ほんと
同じ音を違う弦で鳴らせることも私にとっては驚きでした

ピアノとかエレクトーンはなんとなくでも馴染みがあるけど
これはまったくの別物ではないか⁈
当たり前ですが、最初の段階でかなり不安を感じました
ほんとにできるの?
さらなる不安は続きます


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ギターはじめました

ギターを買おう

まったく知らなかったけど
ギターの値段ってピンキリなんですね
これが弾きたいっていうのがなかったんで
先生にきいたのですが
いいものはそれなりにいい音がする
そりゃそうですが

ネットでもアンプなどもろもろついて2万円以下のセットもたくさんあります
うまくなってからいいものを買ってもいいし、
これが弾きたいと思うものがあれば
モチベーション上がるので、それを買えばいいと思います
でもできれば、御茶ノ水などの楽器店がたくさんあるとこで
実際手に取ってみるのがいちばんです
重さやネックの幅、厚みなどかみんな違います
思った以上に重いです


わたしは初心者セット
IbanezのGRX40TFBとアンプ、スタンド、教則本などのセットで2万円で購入しました

高いものはよく見えてしまうんですが
ほんとに続けられるかもわからないし
おいおい
妥協できる値段でがんばってみるということで
決めました
1381326669728.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ギターはじめました

これからはじめようかな
と思っている方の参考になれば

ギター教室に行こう

若いうちは通わないでも教則本もたくさんあるし
記憶力もいいし、自分でできると思います
でも、大人になってはじめようかなという方は
指使いなどもキチンと学べるので
通われた方がいいかと思います

大手音楽教室から、個人の教室までいろいろあります
どこでも無料の体験レッスンをやっているので、
気になるところは必ず受けてみましょう
レッスンの雰囲気、時間、料金、なにより先生との相性がわかります
ネットで口コミも含めて検索できるので便利ですが
自分で確かめるように

私は2個所に行ってみました
両方とも個人の教室ですが
みごとに対照的
機材も豊富な理論派と、難しくことは抜きでやってみましょう派
どちらも良し悪しがあったのですが
最終的には場所、時間、料金を考慮して
長く通えそうな方にしました
あとは自分の努力しだいなんで

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ギターはじめました

なんと、ギターはじめました
いやぁ、この年になってと言うか、この年になったからと言うか
やるなら、今でしょ‼
いや、今しかないでしょ、か⁈

なんでギターなのかというと
このアーチストが好きとか、この曲がどうしても弾きたい
って言うのは特になく
楽譜が読めない、住宅地でもヘッドホーンで聴ける、楽器が安い
というちょっと不謹慎な理由と
バリバリにロックが弾けたらカッコいいじゃん
という立派な理由からです

ギターも買いましたよ
ギター教室にも通ってますよ

しかし
やってみないとわからない
甘くはなかったことがたくさん噴出

まったくの初心者が
おばさんギタリストになるまでの道のりを
綴っていきます
だいじょうぶかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年6月 | トップページ | 2014年1月 »