マメルリハ

ひめは2歳に

マメルリハのひめは4月8日で2歳になりました
正確に卵が孵った日はわからないので家にお迎えした日です
早いな
毎日挿し餌をあげるために昼休みに走って帰ってたのが2週間くらい
大変だったけど毎日待っていてくれて成長していくのがうれしかった、楽しかった
あっと言う間に一人エサになって手がかからないいい子だったけどママは少し寂しかったよ
マメルリハにしては体重が重いし、羽根もいつまでもボサボサで心配して
私は手術後すぐで体調悪かったけどバードクリニックに連れて行って検査を受けたら
とりあえずは異常なし。よかった
もう2年もたったんだ
いつの間にか噛み癖もなおったし、呼ぶと嬉しくてわけわかんない行動するし
見ているだけで癒されます
うまくいかなくて落ち込んだ時も、悲しいことがあった時も、いつもいつも見ていてくれる
ありがと

東日本大震災の時は東京もかなり揺れて、夜、自宅に帰ったら部屋の中はすごい状態に
ひめのカゴは無事だったけどかなり揺れたらしく、飲み水はこぼれてほんの少ししか残ってなかったです
部屋の物が落ちたり倒れたりすごい音がして怖かっただろうな
仕事ですぐに帰れなくてごめんね
そして最近気づいたのが、写真の後ろに写っているブランコやハンモックと言った揺れるものに乗らなくなっていた
以前は大好きで乗って遊んでいたり寝たり、くつろいでいたのに今はまったく近づかなくなってしまいました
揺れる物が怖くなってしまっていました
よっぽどショックだったのでしょう

こんなに遠くにいた鳥でさえかなりのショックを受けているのに
被災地の人や生き物達は相当な精神的、肉体的ショックを受けてると思います
ひめはまたブランコに乗ってくれるかな
時間がかかるかも知れないけどブランコに乗って元気に遊ぶ姿を見たいです
被災地には飼い主とはぐれた犬や猫がたくさんいるようですし、
実態は分からないけど鳥を飼っていた人も大勢いるはずです
少しでも早く状況が改善されますように
Sh3j0062
2歳になりましたでしゅ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

もろこし姫

マメルリハのひめは茹でたもろこしが大好きlovely
サラダ用にしているエサ入れに小松菜や豆苗と一緒にもろこしを隠しておいても
すぐに見つけ出してしまいます
サラダをセットすると翼を少し開いて「ウヒョヒョヒョ~」って感じで突進していきます
そしてしばし夢中になって無言でほおばります
もろこしの甘いのと食感がいいのでしょうか
周りの皮は残して中身だけ食べてます
昨日はもろこしを切らしてしまい、赤いパプリカと豆苗をセット
いつものようにウヒョ~と一目散にサラダに向かうと
ない、ない、なーいsign02
探してももろこしが見つからないと豆苗には目もくれずに
何でないんだよ~と近寄ってきてピーピーと抗議の雄たけびbearing
目がもろこしないよーって訴えてます

もろこしの次に好きなのが枝豆
いまは季節なんでいつも手に入りますが
これからは栄養面からも他の野菜も食べてもらわないとなぁ
でもあの喜んでいる姿をみるとついついあげてしまいますcoldsweats01


Img_0905
だって好きなんですもん

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

マメルリハ考②

アマゾンで注文した「Companion Bird№13」が来ました。
マメルリハ&コキンチョウの特集です。
特集といっても6ページだけであまり目新しい記載はなかったですが
色変わり品種に尿酸値が高かったり、腎臓に異常がある鳥がいるようですwobbly
マメルリハは原産地が乾燥地帯であまり水を飲まない鳥のグループに属するらしく
その中でも人工飼料のペレット食で飼育する時に問題になりやすいみたいです
ひめもペレット食ですが水はとてもよく飲むし、フンを見ても問題なさそう
攻撃性についてはマメルリハの特性なのでしかたない部分ですが
性格をよく理解して飼えばとてもよくなつくし、
活発なインコなので見ているだけで癒されますwink
鳥専門の雑誌は少ないなかで飼い方からグッズ、病院情報など
きれいな写真とともに載せている貴重な雑誌です

しか~し、ひめはメタボですshock
マメルリハの平均体重は25~35gらしいのですが
なんとひめは40gsign03
生後半年の検診の時に37gあってドクターからは
これ以上太らせないようにね
と言われていたのに、ヤバいです
原因はあきらかに運動不足、私と一緒coldsweats01
外で遊ばせてる時もほとんど飛ばない
移動は徒歩sad
そのために飛ぶのが下手くそ、鳥なのにweep
これはいけないと飛ばせる遊びに切り替えました
離れてから呼ぶという単純な方法ですが
がんばります、です

Img_0652
がんばろうね

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

マメルリハ考①

うちにいるマメルリハですが、「豆瑠璃羽」ってインコのことを去年まで知りませんでした
ブルーボタンインコを亡くしてペットロスに陥っていたけど、これではいかんと相棒となるインコを探していて出会ったのです
セキセイインコや他の鳥とも違うとネットで書かれていましたが、実際飼ってみて実感しました
参考にさせていただいているのがブリーダーでもある「恋する小鳥」のS子さんのHPです
海外本の翻訳なども載せてられているのでとても参考になります
それほどマメルリハを飼っている人は少ないです
ではなぜ少ないのか?
見た目もとっても可愛く、豆の名の通りにセキセイくらいの体重しかありません。
雌雄の区別も羽の色の出方ですぐわかり、色もグリーン、ブルー、イエロー、ホワイトなどなど多いし、もちろんよく慣れます
その理由がマメルリハの性質によるのではという意見です
マメルリハは同族であろうとも攻撃する性格を持っているのです
ペットとして飼う上でこれは多頭飼いができないという致命的なデメリットとなってしまいます
繁殖のうまくいっているペア以外ひとつのカゴで飼えないのです
テリトリー意識が強く、それが自分よりも大きい犬や猫、大きなオウムでも攻撃するそうですwobbly
ハンドブックにも「マメルリハの飼育に関して、シェアという言葉は成立しない」と書かれているようです
なんか難しそうなインコですが、もちろんいい面もたくさんあります
頭が良くて、かわいくて、何にでも挑戦するすごい性格です
たとえそれが危険であってもスリルを楽しむという、本当かよというすごい記述です
それに長所となりえるのがよくオウムがそうであるような
飼い主さんオンリーになつくと言うことがないということです
一人にされて寂しくて自分を傷つける毛引き症になることはないらしいです
ボタンインコの毛引きで悩まされた私にとっては好ましい性格です
一人になってもおもちゃがあれば遊んでシングル生活を楽しむことができるようです
う~ん、見習わなければcoldsweats01
という、凶暴で甘ったれの、まさにツンデレインコということでしょうか
Img_0594

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

気になるひめ

マメルリハのひめ。春になれば家にきて1年だよ。ひめがいたからつらいことも耐えられたし、寂しい時も癒されたよ。
ボタンインコ歴は30年にもなりますがマメルリハはその常識が通りません。それが嬉しくも新鮮でもありますが変わった奴ですcoldsweats01
まずヒナの時から知らない人には心を開かないのです。文鳥でもセキセイインコでもヒナの時は餌をくれる人にはすぐに無条件でなつきます。ひめはあげるエサはよく食べてくれましたが、食べ終わるとすぐにカゴの隅にいって丸まってました。覗いても迷惑そうな感じで寄ってくることはなかったです。それでも日が経つとエサを作る音で鳴いて催促したり、手の上で休むようになりましたが、何か”してあげてる”ってよそよそしい感じなんですthink
一人エサになって外に出して遊ぶ時間を作ってきましたが、態度がデカイ割に小心者というのも分かったし、興奮すると我を忘れて噛みまくり、はじめはかなり流血沙汰にもなりました。それでも”我”というものがしっかりあって、ちょっとやそっとでは自分を見せてくれないです。
最近です、本当にうれしいんだなぁとか、寂しかったんだなぁとか、こころからくつろいでるなぁと分かるようになったのはscissors
鳥のくせに朝起こす時も上に掛けたブランケットを取ってもまだ寝てる図太い性格、呼ぶと嬉しすぎて興奮しておもちゃに八つ当たりし噛みまくる楽天者、自分の重さでおもちゃごとこたつの上から落ちる鈍くささ、などなどマメルリハ道はまだまだです。
でもひめがそばにいてくれる幸せを感じてます。ひめはどう?
201011261
なんだろなぁ
201011262_2
気になるなぁ
201011263
もうちょっとなんだけど… 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひめの冬支度

正月休みもあっという間の終わり、すっかり仕事モードですgawk
年末に購入したカニも堪能し終わり(写真とっておけばよかった…)、寒さも本番。なぜかこのごろ傷周辺が痛みますweep
ひめも冬モードでペット用の電球2個を装備。基本的に部屋はエアコンを使わないのでカゴの周囲を囲んでホット空間を作ってます。小さい20Wの電球は常時つけて、大きい100Wの電球はサーモスタットでコントロール。カゴの中はだいたい22度位になるようにしてます。
20100105
暖かいからと思って吊り下げ式タイプの三角バードベットを購入したのですが気に入らないらしく、エサでつっても中に入らなかったのでしぶしぶ撤去しました。オーダーメイドで3個も購入したのにsad
生後1年は環境に慣れていないので特に温度に気をつけないといけません。毎日鼻水出してないかひめの鼻もチェックしてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

かなしいほどお天気日和

今日はかなしいほどお天気日和でした。ゆうべ寝たのが遅かったので起きたのは昼近くでしたがcoldsweats01
掃除、洗濯にひめの日光浴を。日当たりはいいので部屋の中で日光浴をさせられるのは冬場は特に助かります。日光浴はカゴの場所を移すせいか落ち着いてくれないです。まったりすることなくせわしなく動き回ってます。

20091206
寒さ対策にバードベットを発注しているのですがまだ手元に来なくて待ち遠しいです。ネル地で出来た三角の鳥さん用ベットです。入ってくれるといいけどなぁ。
夜は銭湯に。このとこ日曜日は銭湯デイにしてます。おかみさんがよく散歩させてた犬を最近見かけないので思い切って聞いてみたら、先月亡くなったのと寂しそうに話してくれました。やっぱり悔いが残ると言ってました。みんなそうなんですよね。でも、またあちらの世界で会えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

青いはーちゃん

今はマメルリハのひめをとウナギのうなを飼ってますが今まで多くの生き物を飼ってきて先に旅立たれてます。ペットロスは何度も経験してきました。ペットを失った人は分かると思いますがものすごい後悔の念に打ちのめされます。何でもっと早く気がつかなかったのか、もっと他にも出来ることがあったのではないか、物言わぬ者たちだからこそ、思いばかりが大きくなってきて涙も出てこなくなるほど落ち込みました。
今日はひめの前に飼っていたブルーボタンインコのはーちゃんの3回忌です。はーはペット屋さんにいた雛の時から足の指が1本立った状態のままになって、他にいたセキセイインコの雛達とも離れてポツンと一人でいました。この子を連れて帰らなければ。前の子を亡くしたばかりの私は迷わず連れて帰りました。春に来たブルーボタンのはーちゃん。

Pa0_0001
はーはちょっと弱かったです。原色のインコより人工的に交配して作出した色変わりのインコの方が弱い気がします。神経質でかまってあげないと自分で羽を抜く自咬症になったり、急に歩けなくなったり、検査を受けると肝臓の機能が悪いことも分かりました。それでもはーがいるから早く帰ろう、はーにこれを食べさせてあげよう、落ち込んだ時も元気をもらい、泣いていると覗きこんで心配してくれました。呼ぶと必ず応えてくれて、一人になるといつまでも鳴いて呼びます。犬と違ってカゴの鳥は飼い主にしか会えません。1羽で飼うのはかわいそうでしたが、いつもできるだけ応えてあげようと思ってました。
2年前の11月初め、寒い日が続いた時血便を出しました。すぐに保温して温めて様子を見ましたが止まり木にも止まれない状態になり、忙しい時期でしたが仕事を休んで病院に連れて行きました。結局、入退院を1カ月繰り返したものの、2年前の今日、仕事から帰ると冷たくなってました。11歳でした。
ちょっと軽くなったかなと思ってたのに、なんでもっと早く気がついて保温してあげれなかったのか、後悔は長く続きました。つらかっただろうね、今も思い出すだけで涙があふれてきます。
その後はしばらく鳥を飼うことはできませんでしたがやっぱり好きだし、過去の経験を生かしてもっと快適に飼ってあげようと思えるようになり飼うことにしました。でもボタンインコ以外で。
ひめを飼うにあたって体重測定を必ず毎日するようにしました。鳥は自分の不調を隠す生き物です。野生で敵から逃げ餌を食べるために莫大なエネルギーを使って飛んでいます。飛べなくなることは死を意味するのです。羽に覆われているのでやせても気づきにくいので体重と便を見ることで健康状態がある程度把握できます。
どんな生き物でも生き物を飼うということは命を預かること。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

インコのにおい

鳥をペットとして飼う人は本当に少なくなりました。
生き物好きの私は幼少の頃から鳥を飼ってました。アパート住まいで飼えるペットが限られていたので、イモムシからトカゲまでご近所生き物の中でも鳥は格別に魅力的でした。
十姉妹からヒヨコ、メジロ、セキセイインコなどなど、ボタンインコは飼育歴30年以上かも。
でも犬や猫が飼える環境でも鳥を飼っていたと思います。
なんで鳥が好きなのか?
不思議なんですが鳥を飼いながら鳥を飼うことに罪悪感を覚えます。翼をもつ彼らは空を飛ぶ生き物。それを動くこともままならない小さなかごに閉じ込めて、監獄みたいじゃないですか。憐れみのような想いを抱かせます。せめてペットとして飼われる鳥達にはそばに居させる代わりに「してあげる」という想いが無意識につきまとってきます。
鳥は種類によっても個体によっても個性があり、思っている以上に感情を出します。いま飼っているマメルリハのひめ♀は南米原産の世界最小と言われているインコで、あまり見かけない種類です。色変わりが多く産出されていてグリーン、ブルー、イエロー、ホワイトなど見た目にも楽しめるインコです。でもなかなか曲者。性格は一言でいうとツンデレ。さみしがり屋のくせに攻撃的、びびりのくせに好奇心大せい。いまだにつかみきれません。
インコは日向のにおいがします。手で包んで思いっきりスーハーしてにおいを嗅ぐのが好きhappy01
20091030

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|